きょう午後 初のロ朝首脳会談 朝鮮半島の非核化 主なテーマに

(VOVWORLD) -ロシア極東のウラジオストクを訪問している朝鮮民主主義人民共和国のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、現地に到着したプーチン大統領とまもなく初めての首脳会談に臨み、朝鮮半島の非核化を主なテーマに意見を交わすものとみられます。

朝鮮民主主義人民共和国のキム・ジョンウン委員長は、24日からロシア極東のウラジオストクを訪れています。

プーチン大統領も現地の空港に到着し、日本時間の昼すぎから両首脳による初めての会談がウラジオストク沖の島にある大学の施設で行われます。

首脳会談では朝鮮半島の非核化が主なテーマとなり、キム委員長は、完全な非核化まで制裁を解除しないとするアメリカへの不満をプーチン大統領に伝えるとみられ、アメリカへの対応などを話し合いながら、朝鮮民主主義人民共和国の立場に理解を示すプーチン大統領から制裁緩和に向けた協力をとりつけたい考えです。

そのうえで3回目の米朝首脳会談に向けてアメリカから譲歩を引き出すため、ロシアとの関係強化について意見を交わすとみられます。

一方、プーチン大統領としては制裁の緩和や経済協力で朝鮮民主主義人民共和国を後押しする姿勢を示しながら、キム委員長との関係を築き、朝鮮半島情勢をめぐるロシアの関与を強めたい思惑とみられます。

ご感想

他の情報