アイン祖国戦線副議長、バハーイー教の代表と会合

(VOVWORLD) - バハーイー教は1954年にインドからベトナムに伝来してきました。

8月3日午後、ハノイで、ベトナム祖国戦線のチュオン・ティ・ゴック・アイン副議長は、ベトナムバハーイー教代表団と会見しました。

席上、アイン副議長は、「ベトナムバハーイー教は、『貧困者の生活改善や、国民の知識向上、科学研究の奨励』という方針に従って、国の発展事業に積極的に貢献してきた」と高く評価した上で、「今後も、ベトナムバハーイー教の聖職者と信者らがベトナム民族と共に同行し、国の発展事業と祖国戦線が提唱する運動に積極的に参加していくよう」訴えました。

バハーイー教は1954年にインドからベトナムに伝来してきましたが、2007年3月に活動許可書が発給されました。現在、信者はおよそ7000人で、国内の45地方に暮らしています。

ご感想

他の情報