アジア 海賊対策を強化


15日、シンガポールで、(ReCAAP)アジア海賊対策地域協力協定(ISC)情報共有センターの第10回総会が開幕しました。総会には同協定加盟20カ国の代表66人が参加しました。ベトナムからは、海上警察部隊司令官グエン・クアン・ダム少将率いる代表団が参加しました。

アジア 海賊対策を強化 - ảnh 1
ReCAAP-ISCの第10回沿うかい


総会で演説に立ったダム少将は、各国は海賊による海上での不安定に対する認識を高める必要があると訴え、各国に対し、海賊対策に関する情報交換や連携強化、能力向上を呼びかけました。また、同協定の効果を高めるために、インドネシアとマレーシアの加盟を促す必要があるとしています。なお、今回の総会は18日まで開かれています。

ご感想

他の情報