アゼルバイジャンとの伝統的な友好関係を重視

アゼルバイジャンとの伝統的な友好関係を重視 - ảnh 1

20日、在アゼルバイジャンベトナム大使館のグェン・タン・ソン大使は、アゼルバイジャンのジヤフェット・アスケロフ議会第一副議長、及びアガデイ・アガヤフ大統領補佐官と個別会合を行いました。これらの会合で、ソン大使は「ベトナムはアゼルバイジャンとの伝統的な友好関係を重視しており、両国が石油ガス・教育養成・観光など強みのある分野においてさらに積極的に協力してゆきたい意向にある」と強調しました。また、ソン大使は「来る5月に予定されているチュオン・タン・サン主席によるアゼルバイジャン訪問は、両国関係を新たな発展段階に押し上げるものであるとベトナム側から期待されている」と明らかにしました。一方、アゼルバイジャンの代表は「アジア地域におけるベトナムはアゼルバイジャンの優先的な相手国である。両国は二国関係の推進に向けた大きな潜在力に恵まれている」と強調しました。

ご感想

他の情報