アフガニスタンで自爆テロ 「イスラム国」が声明

(VOVWORLD) - (テレビ朝日)アフガニスタンの首都カブールで2回の爆発が起き、これまでに29人が死亡しました。過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出しています。
アフガニスタンで自爆テロ 「イスラム国」が声明 - ảnh 1 写真提供:EPA-EFE

首都カブールで30日朝、バイクに乗った男による自爆テロが起きました。その20分後、同じ場所で2回目の爆発が起き、現場に集まっていた警察官や報道関係者が巻き込まれました。現地当局によりますと、2回目の爆発も警察や報道関係者のなかに紛れた男が自爆したものだということです。

これまでにAFP通信のカメラマンなどジャーナリスト7人を含む29人が死亡、40人がけがをしています。過激派組織「イスラム国」は「アフガンの情報機関本部を狙い、110人を死傷させた」との犯行声明を出していま

ご感想

他の情報