アフガン大統領、タリバンに3カ月停戦呼びかけ

【ニューデリー=黒沼勇史】アフガニスタンのガニ大統領は19日、反政府武装勢力タリバンに対し、20日からの3カ月の停戦を呼びかけると発表しました。
アフガン大統領、タリバンに3カ月停戦呼びかけ  - ảnh 1       (写真:AFP/TTXVN)

タリバン側は声明を出しておらず実現するかは不透明ですが、10月に控えた議会選に向け、停戦を探っているもようです。

アフガン政府とタリバンの間では6月、断食期間ラマダンの終わりを祝う祝祭「イド」を理由に3日間の停戦が実現しています。今回の停戦が実現すれば、アフガンの支配勢力だったタリバンの政権が崩壊した2001年以降で2度目となります。

ガニ大統領は演説で「長期間の、真の平和に対するアフガン人の希望を歓迎してほしいと、タリバンの指導者に呼びかける」と述べました。ポンペオ米国務長官も19日、「米国は停戦に関するアフガン政府の発表を歓迎する」との声明を公表しました。

タリバンは停戦に応じるか、態度を表明していませんが、報道官のムジャヒド氏は19日、タリバンが拘束する政府軍捕虜が21日からのイスラム教の「犠牲祭を家族や友人と祝える」と述べ、停戦への地ならしが進んでいる可能性を示唆しました。

タリバンはアフガン南東部ガズニ州や北部ファルヤブ州で政府軍と戦闘を繰り広げる一方、中東カタールに置く政治事務所を通じ、アメリカやアフガン政府と和平交渉を続けていました。

関連ユース

ご感想

他の情報