アルゼンチンの経済専門家、ベトナム経済の成果を評価

アルゼンチンのラプラタ国立大学に所属する東南アジア研究センターのコーディネーター・エゼクエル・ラモネダ氏はベトナム経済はダイナミックに発展していると評価しました。

アルゼンチンの経済専門家、ベトナム経済の成果を評価 - ảnh 1
洋服加工ライン(写真:An Hiếu/TTXVN)


イギリスのBBCスペイン語版のインタビューに応じたラモネダ氏は、ベトナムはタイ、マレーシア、フィリピンを追い越し、ASEAN東南アジア諸国連合の中でアメリカの最大輸入先になっていると明らかにしました。

また、ベトナムがアメリカや日本の投資家にとって重点的な投資先の一つなっている理由は、ベトナムが長い目で見た経済改革です。

そして、若い人口に加え、3500キロの海岸線、および、世界の原油の3分の1とガスの半分が運ばれる海に面した有利な地理的条件はベトナムのダイナミックな発展を支えているとの考えを示しました。

ご感想

他の情報