イエメンは崩壊寸前、内戦の危機にある=国連

イエメンは崩壊寸前、内戦の危機にある=国連 - ảnh 1

国連の潘基文事務総長は12日、イスラム教シーア派系民兵組織「フーシ」が政権掌握を宣言するなど政治的混乱が拡大している中東イエメン情勢について、 「我々の目前で崩壊しつつある」として強い危機感を表明。同国は内戦の危機にあり、政治的に不安定な状況は武装組織「アルカイダ」などが勢力を拡大する素地を作り出していると指摘しました。

イエメンでは昨年9月、フーシが首都サヌアを掌握して議会を解散、政権掌握を宣言しました。アルカイダや他のイスラム教スンニ派武装組織なども活動を活発化させています。

国連の潘事務総長とベノマール特別顧問は12日、安全保障理事会で、イエメン情勢について「手をこまねいていてはならない」と述べ、イエメンの危機的情勢を打開し、政治的プロセスを軌道に乗せるために、可能な限り行動する方針を示しました。

イエメン情勢悪化を受け、アメリカ、イギリス、フランスは11日、治安上の懸念から大使館を閉鎖しました。

ご感想

他の情報