イギリスのEU離脱、住宅所有者に大きな打撃=オズボーン財務相

イギリスのEU離脱、住宅所有者に大きな打撃=オズボーン財務相 - ảnh 1
イギリスの オズボーン財務相
(写真:Reuters)


(ロイター) イギリスの オズボーン財務相は8日、EU=欧州連合から離脱すれば、住宅価格が下落し、モーゲージコストも上がることが予想され、住宅所有者は「大きな打撃」を被ると強調しました。ITVのインタビューで述べました。

同相は「国のアイデンティティーの問題だけではなく、国民の家計を直撃する問題」と指摘。「EUから離脱すれば、住宅価格やモーゲージコストという点で、大きな打撃を被ることになることは明らか。これは、イギリスがEUから離脱した場合の経済的な影響の一例だ」と語りました。オズボーン氏はEU残留支持派の中心人物です。国民投票は6月23日となります。

一方、EU離脱を訴えるキャンペーンの急先鋒であるゴーブ司法相は同日、BBCに対して、イギリスはEUから離脱すべきとの持論をあらためて展開しました。ただし、単一市場へのアクセスは維持すべきだと述べました。

世論調査によりますと、EU残留支持と離脱支持はおおむねきっ抗しています。

ご感想

他の情報