「イスラム国」 モスル周辺で“化学兵器使用”



(テレビ朝日)過激派組織「イスラム国」の掃討作戦を行っているアメリカ軍を中心とする有志連合は、「イスラム国」がイラクで化学兵器を使用したと発表しました。

イラク駐留米軍・マーティン司令官:「『イスラム国』はモスル周辺で化学兵器を使用している」
アメリカ軍のマーティン司令官は、過激派組織「イスラム国」がイラク第2の都市モスルで奪還作戦を続けているイラク軍に対し、化学兵器を使用したと明らかにしました。化学兵器の種類は調査中で、「イスラム国」が過去に使用したことがあるマスタードガスよりも強力なものとみられるとしています。

アメリカのCBSニュースは、モスル西部で先週に複数回、化学兵器が使用され、25人のイラク軍兵士が治療を受けたと報じています。トランプ大統領は、シリア政府が化学兵器を使用したとして巡航ミサイルで攻撃したことから、今回も何らかの対抗措置を取るかが焦点となります。

ご感想

他の情報