「イスラム国」は守勢と米特使



「イスラム国」は守勢と米特使 - ảnh 1
5月4日、交戦後のアレッポ市の光景=AFP/TTXVN



(共同)過激派組織「IS=イスラム国」の掃討作戦を進める有志国連合の調整を担当するマクガーク米大統領特使は15日、ヨルダンの首都アンマンで記者会見し、ISはシリアやイラクで支配地域を減らしており、守勢にあると語りました。AP通信などが伝えました。

マクガーク氏は、ISが支配するイラク第2の都市、北部モスルの奪還に向けて作戦が進展していると指摘しました。守勢になったISが、市民に対する自爆攻撃を増加させていると話しました。

アメリカ国防総省によりますと、米軍主導の有志国連合司令部のウォーレン報道官は先週、ISが「首都」と称するシリア北部ラッカに非常事態を宣言したと話したということです。

ご感想

他の情報