イタリア予算案の見直しを要求

【共同】ユーロ圏財務相会合は5日、イタリアの2019年予算案の見直しを求めました。

巨額の財政赤字を計上し公的債務を増やしかねないためです。イタリア側は変更する考えがないとしており、折り合えない状況が続いています。

財務相会合のセンテーノ議長(ポルトガル財務相)は5日、会合後の記者会見で「EU欧州委員会と緊密に連携し、見直し案を準備するようイタリアに勧めた」と表明しました。一方、ロイター通信によりますと、イタリアのトリア経済財務相は会合後、記者団に「予算案は変わらない」と強調しました。

イタリア政府は13日までに予算案を再提出します。

ご感想

他の情報