イラクのカフェで自爆テロ

(jp.sputniknews.com)イラク西部アンバル州のカフェで18日に自爆テロが発生し、7人が死亡し、15人が負傷しました。イラク内務省の情報をもとに国内メディア「イラクニュース」が報じました。
イラクのカフェで自爆テロ - ảnh 1      (写真:AFP/TTXVN)

(jp.sputniknews.com)同省のサアド・マアン報道官は「自爆ベルトを腰に巻いたテロリストが(アンバル州)ヒト市のアルダワル地区にあるカフェを攻撃した結果、7人が死亡し、15人が負傷した」と発表したとされます。

なおAP通信の報道では、負傷者数を同じく15人としていますが、死亡者数は11人と伝えています。

イラクでは、国内の一部地域を支配しているテロ集団「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の活動により緊張した状態が続いています。

ご感想

他の情報