イラク、暴力がエスカレート

イラク、暴力がエスカレート - ảnh 1

国民議会選挙を控えたイラクで28日、各地の投票所を狙った銃撃や爆発が続発し、32人が死亡、92人が負傷しました。

30日の議会選に先立ち、この日は警官や軍兵士の期日前投票が実施されています。投票所の前に並ぶ治安部隊員らを狙った自爆テロも相次ぎました。イラクで議会選が実施されるのは2011年の米軍撤退後で初めて。定数328に対し、9032人が立候補しています。

同国では最近、マリキ政権を主導するイスラム教シーア派と、少数派スンニ派との対立が激化し、昨年1年間で民間人ら8800人以上が死亡しました。

国連の潘基文(パンギムン)事務総長は声明で、議会選はイラク民主化の重要な節目だと強調し、一連の攻撃を非難し、全国民が参加できる選挙の実現を指導部に呼び掛けました。

 

ご感想

他の情報