イラク軍、ハウィジャ中心部「奪還」 残る数少ないIS拠点

(bbc.com)イラク軍は5日朝、北部ハウィジャの中心部を、過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)から奪還したと明らかにしました。市民数万人がいるハウィジャは、イラク国内に残る数少ないIS拠点のひとつです。2014年からISの支配下に置かれていました。
イラク軍、ハウィジャ中心部「奪還」 残る数少ないIS拠点 - ảnh 1      (写真:AFP/TTXVN)

イラク軍のハウィジャ奪還作戦を指揮するアブデル・アミール・ヤララー中将は、軍の部隊や警察などが「ハウィジャ中心部をすべて解放し、前進を続けている」と表明しました。ハウィジャ周辺で殺害したIS戦闘員は196人に上り、98の村を奪還したということです。

これに先立ちイラク軍は3日、ハウィジャ南郊のラシャド空軍基地を制圧しました。ISはこの空軍基地を訓練施設として使っていました。

イラク軍が今後、ハウィジャの周辺も制圧すれば、イラク国内のIS支配地域はシリアとの国境沿いのわずかな土地だけになります。

国連は3日、いまだにハウィジャ市内に最大7万8000人の市民が立ち往生していると発表しました。イラク軍は、ISが一部の市民の脱出を阻止し、街の周辺に爆発物を敷設した可能性もあると話しています。

ハウィジャ奪還作戦が2週間前に始まって以来、約1万2500人の住民が街を脱出したと国連は言いました。過去数日の間に何人が逃れたかははっきりしません。

イラク軍や民兵組織や米国主導の有志連合による空爆の支援を受け、IS掃討作戦に取り組んでいます。今年7月には9カ月におよぶ戦闘の末、国内第2の都市 モスルを奪還しました。

ISはシリア国内の一部も依然として占拠しています。


ご感想

他の情報