イラク 自爆テロで60人死亡 ISがシーア派狙ったか

イラク 自爆テロで60人死亡 ISがシーア派狙ったか - ảnh 1
(写真:TTXVN)

イラクの首都バグダッドから南におよそ100キロ離れたヒッラで6日、警察の検問所に燃料を積んだタンクローリーが突っ込んで爆発しました。

この爆発で、警察官のほか、車に乗って列を作っていた市民が多く巻き込まれ、治安当局によりますと、60人が死亡し、70人以上がけがをしたということです。

この自爆テロについて、過激派組織ISがインターネット上に声明を出し、「神の教えに背く者たちを殺害した」として犯行を認めました。

ヒッラはISが異端だとして敵視するイスラム教シーア派の住民が多く住むことから、シーア派を狙った自爆テロとみられています。

イラクでは、先月末にもバグダッドやその近郊で、ISによるシーア派の住民を狙った爆弾テロが相次ぎ、合わせておよそ100人が死亡したばかりです。

イラク政府はシーア派の民兵組織の協力を得てISとの戦いを進めていることから、ISとしては、こうした動きをけん制するとともに、宗派対立をあおって、みずからの支持を広げるねらいがあるとみられます。

ご感想

他の情報