イランと核兵器検証の枠組み合意

IAEA=国際原子力機関の天野事務局長は、イランの核開発について協議するため、就任後初めてテヘランを訪れ、21日、核問題の交渉責任者を務める最高安全保障委員会のジャリリ事務局長らと会談しました。

22日、ウィーンに戻った天野事務局長は空港で記者団に対し「イランの核開発の軍事的な側面を検証する方法について、合意に向けた決定がなされた」と述べ、核兵器開発の疑惑を検証する枠組みについて、イラン側と合意し、近く文書を交わす見通しとなったことを明らかにしました。

IAEAは、これまでの協議でイランに対し、テヘラン郊外にある軍事施設について、核兵器開発との関連がある実験が行われていた疑いがあるとして、調査団の立ち入りを求めてきました。今回、イラン側から立ち入りの前提となる検証方法についての同意が得られたことで、焦点となっている軍事施設への立ち入りにも一歩前進したことになります。

ご感想

他の情報