イラン、メッカ大巡礼に今年は不参加「サウジに責任」

イラン、メッカ大巡礼に今年は不参加「サウジに責任」 - ảnh 1
写真:AFP/TTXVN



[ロイター]イランは29日、サウジアラビアのイスラム教最大の聖地メッカへの大巡礼(ハッジ)について、イランの巡礼者が今年は参加しないと明らかにしました。サウジが「妨害」を行い、巡礼者の安全を確保できていないことが理由だとしています。

イランの巡礼担当組織は国営メディアを通じて声明を発表し、「サウジ政府が続けている妨害行為により、イランの巡礼者は今年の大巡礼への参加を拒否された」と発表しました。「責任はサウジ政府にある」としました。

サウジのメディアはこれより先、イランの代表団が大巡礼をめぐる合意に達することなくサウジを出発したと伝えていました。

一方、サウジのジュベイル外相はハモンド英外相と行った会見で、「サウジは信者が宗教的義務を果たすことを妨げない」とし、イラン側が協定調印を拒否したと述べました。

昨年の大巡礼では、将棋倒しが発生し数百人のイラン人信者が死亡しました。また、今年1月にはサウジが国内のシーア派指導者らを処刑し、同派のイランでこれに反発した群衆がサウジ大使館を襲撃しました。サウジが断交を表明し、両国関係が悪化していました。

ご感想

他の情報