イラン外相、対話路線のザリフ氏続投へ 大統領が閣僚名簿提出

【共同】3日に2期目に就任したイランの穏健派ロウハニ大統領は8日、閣僚名簿を国会に提出し、信任を求めました。
イラン外相、対話路線のザリフ氏続投へ 大統領が閣僚名簿提出  - ảnh 1 イランのロウハニ大統領(写真:AFP/TTXVN)

外相には政権1期目の2015年、欧米などとの核合意をけん引したザリフ氏が引き続き指名され、国会での審議を経て続投が決まる見通しです。地元メディアが報じました。核合意に代表される対話外交が2期目の政権運営でも基調となりそうです。

トランプアメリカ政権はイランの弾道ミサイル開発などを理由に同国への圧力を強めており、政権基盤の安定を優先した格好となりました。

名簿上では、ザンギャネ石油相ら1期目の主要閣僚は変わっておらず、国防軍需相や経済財務相など約半数のポストが新たな顔ぶれとなっています。新内閣は8月中にも発足するとみられます。

ご感想

他の情報