イラン核協議 “交渉期限”さらに1日延長

イラン核協議 “交渉期限”さらに1日延長 - ảnh 1

イランの核問題の解決に向けた欧米など6か国とイランの協議は交渉期限を延長し1日も閣僚級の会合が行われました。しかし、経済制裁の解除の方法などで両者の隔たりは埋まらず、協議はさらに2日まで延長されることになりました。

スイスのローザンヌで行われているイランの核問題をめぐる協議は、1日で丸1週間がたちました。アメリカ国務省は「協議は進展しているものの政治レベルの合意 には達していない」としています。一方、イラン側は、全ての経済制裁の解除とウラン濃縮の研究開発を認めるよう主張しました。欧米側に歩み寄りを求めています。各国は さらに2日まで日程を延長し、合意を目指すことにしています。

ご感想

他の情報