インドネシア スラウェシ島で津波 少なくとも30人死亡か

(VOVWORLD)(NHK) -インドネシア中部のスラウェシ島で28日夜、マグニチュード7.5の地震が起き、最大で高さ3メートルの津波が観測されました。地元メディアは公立病院の医師の話として少なくとも30人が死亡したと伝えていますが、被害の詳しい状況はわかっていません。
インドネシア スラウェシ島で津波 少なくとも30人死亡か - ảnh 1        写真:USGS

インドネシア中部のスラウェシ島で、28日午後6時すぎ(日本時間午後7時すぎ)、マグニチュード7.5の地震が起き、気象当局は島の中部にある町、パルとドンガラで最大で高さ3メートルの津波が観測されたと発表しました。

現地では通信状態が悪く、被害の詳しい状況はわかっていませんが、地元メディアは公立病院の医師の話としてこれまでに少なくとも30人が死亡したと伝えています。

インドネシア政府は現地にむけて軍や警察を派遣しましたが、パルにある空港は地震の後、閉鎖されていて、再開にむけて調査が行われているとみられます。

スラウェシ島では28日、この地震の前後にも地震がひんぱんに起き、死傷者も出ていることから被害の拡大が懸念されています。

ご感想

他の情報