インドネシア ロンボク島でM6.9の地震 82人死亡

(NHK)インドネシア中部の保養地、ロンボク島で5日夜、マグニチュード6.9の地震が起き、インドネシア政府は82人が死亡したと明らかにしました。これまでに日本人が被害に遭ったという情報は入っていないということです。

アメリカの地質調査所によりますと、5日午後8時前、日本時間の5日午後9時前、インドネシアのロンボク島を震源とするマグニチュード6.9の地震が起きました。

この地震で、島にある多くの住宅が倒壊し、インドネシア国家防災庁の報道官は、みずからのツイッターで、これまでに82人が死亡したと明らかにしました。

バリ島のデンパサールにある日本総領事館によりますと、これまでのところ、日本人が被害に遭ったという情報は入っていないということです。

現地では余震が続いているほか、広い範囲で停電になっていて、島の住民の多くは屋外に避難しています。

ロンボク島はバリ島の東にある保養地で、多くの観光客が訪れることで知られていますが、先月29日にもマグニチュード6.4の地震が起きて17人が死亡したほか、山で地滑りが起きて一時、日本人を含む観光客などおよそ1000人が下山できなくなりました。


 

ご感想

他の情報