インド独立記念日を祝う式典

(VOVWORLD) - インド側はベトナムとの協力を強化していきたい意向にあります。
インド独立記念日を祝う式典 - ảnh 1  インドのスミタ・パント総領事(写真:TTXVN)

14日、ホーチミン市で、同市の友好組織連合会や、ベトナム・インド友好協会の共催により、8月15日のインド独立記念日70周年を祝う式典が行われました。

席上、ベトナム・インド友好協会のホー・ティ・キム・アイン副会長は、「ベトナムとインドは信頼に足る相手国となり、その協力は政治や、経済、科学技術、国防・安全保障などあらゆる分野で良好に発展している」と強調しました。

また、「近年、ホーチミン市のベトナム・インド友好協会はインド総領事館と連携して、様々な活動を行い、両国関係の強化や、国民の相互理解などに貢献してきた」と述べました。

一方、インドのスミタ・パント総領事は、「今後も、文化交流や、両国の企業間の協力、草の根外交活動などを強化するために、ホーチミン市の各機関、団体と協力していきたい」との意向を表明しました。

ご感想

他の情報