インド首相、仏独カナダ歴訪出発


インドのモディ首相は9日、フランス、ドイツ、カナダの3カ国歴訪に出発ました。首相は今回の外遊の重要テーマを経済と定め、シーメンスなど各国の有 力企業幹部にインドへの投資拡大や進出を訴えます。

製造業の振興は、貧富の格差縮小に向け雇用を増やしたいモディ政権の主要政策の一つで、外資の直接投資を さらに促す狙いです。インド政府の公表資料によりますと、歴訪は1週間にわたる予定です。これは2014年5月の首相就任後、欧州を初めて公式訪問します。

モディ政権の経済政策の旗印はメーク・イン・インディア人口12億人のうち7割が農村に住みますが、GDP国内総生産に占める 農業の割合は2割にとどまる。農村に製造業を定着させ、現在労働者の2割にとどまる製造業の枠を広げて貧富格差を縮小する狙いです。今回の歴訪でも産業界 との会合や工場訪問が日程の多くを占めます。

フランスでは10日、オランド大統領との会談を前に、インフラ関連と防衛技術関連という2業界の会合にそれぞれ出席します。有力企業の幹部らと会談します。フランス南部トゥールーズでは欧州の航空・防衛大手エアバスの工場や国立宇宙研究センターも訪問する予定です。ドイツでは12日にハノーバーでの産業見本市にメルケル独首相と一緒に参加。ベルリンでは重電大手シーメンスの技術訓練校や鉄道を視察します。

ご感想

他の情報