ウクライナの債務再編、6月までの合意が「不可欠」=IMF



(ロイター)IMF=国際通貨基金は8日、ウクライナ当局が総額175億ドルの金融支援に関するIMFの次回審査が予定される6月までに債権者と債務再編で合意することが「不可欠だ」と指摘しました。

ウクライナ当局者は、IMFプログラムにおける150億ドルの資金ギャップを埋めるために必要な債務再編を6月までに終えるとしていますが、多くのアナリストは期限に間に合わせられません。

 

 

ご感想

他の情報