ウクライナ停戦4首脳徹夜会談 協議難航、東部では戦闘


(東京新聞)ウクライナ東部で続く紛争の停戦に向け、ウクライナ、ロシア、ドイツ、フランスの四カ国首脳は11日夜(日本時間12日未明)、ベラルーシの首都ミンスクで会談を始めました。昨年9月の停戦合意の履行を保証する新たな枠組みをめぐり、詰めの調整を続けていますが、協議は難航しています。

11日午後8時に始まった会談にはウクライナのポロシェンコ大統領とロシアのプーチン大統領、仲介役のフランスのオランド大統領とドイツのメルケル首相が参加し、10時間がたった12日早朝も続いています。

1月中旬以降、攻勢を強めて支配領域を拡大した親ロ派とウクライナ政府軍の停戦ラインをどこに定めるかや、親ロ派の支配地域に自治権を付与するかなどが主要な争点で、ウクライナと親ロ派の後ろ盾となっているロシアとの間で溝が埋まっていないもようです。

一方、東部ドネツク州では11日夜も戦闘が続きました。インタファクス通信は親ロ派幹部の情報として、ドネツクの病院が政府軍の砲撃を受け、1人が死亡、7人が負傷したと報道されました。

ご感想

他の情報