ウクライナ和平めぐり米ロ首脳が電話会談

ウクライナ和平めぐり米ロ首脳が電話会談  - ảnh 1
写真:Reuters

(TBS)戦闘の続くウクライナの和平実現に向け、11日に行われる予定のロシア、ウクライナなど4か国による首脳会談を前に、アメリカのオバマ大統領とロシアのプーチン大統領が電話会談を行いました。

ロシア大統領府によりますと、オバマ大統領とプーチン大統領は10日、ウクライナ情勢について電話会談を行い、早期解決の重要性を確認しました。

このところ、ウクライナへの武器供与を検討していたアメリカですが、オバマ大統領は今回の電話会談でも「分離独立派への支援を続けるならば、ロシアが支払 う代償はさらに大きくなるだろう」と、ロシア側の攻撃的な行動をけん制。11日の4か国による首脳会談で和平に向けての話し合いに同意するよう促しました。プーチン大統領側からは、4か国首脳会談におけるロシアの提案について言及があったとされていて、会談後、具体的な進展がみられるか注目されます。

 

ご感想

他の情報