ウクライナ和平巡る事前協議


ウクライナ東部での激しい戦闘を受けて、ベラルーシの首都ミンスクでは10日夜から、ウクライナ政府と親ロシア派、ロシア、OSCE=欧州安全保障協力機構の代表による協議が始まりました。

ウクライナ和平巡る事前協議 - ảnh 1
ウクライナ東部で戦闘が激化(写真:AFP)

この中で、親ロシア派は停戦に向けた独自の案をウクライナ政府側に提示して協議はいったん中断し、11日に政府側の回答が準備でき次第、再開する見通しだということです。

この協議に先立ち、親ロシア派の後ろ盾となっているロシアとウクライナ、それに、調停役のドイツとフランスの首脳は、政治的な解決を目指して11日に会談の開催を目指すことで合意しています。

ロシアのカラシン外務次官は「10日の協議の結果によって4か国の首脳会談の開催が決まる」としており、ウクライナ政府と親ロシア派が歩み寄ることができるかが焦点となります。

政治的な交渉が失敗した場合、欧米はロシアへの制裁をさらに強化し、アメリカはウクライナ政府側への武器供与も検討するとしていて、欧米とロシアの対立は一層激しくなるものとみられ交渉は大きな節目を迎えています。

ご感想

他の情報