ウクライナ国会議員「ロシアとの断交条項追加せず」

(jp.sputniknews.com)ウクライナ最高会議(国会)で与党会派「ペトロ・ポロシェンコ・ブロック」に所属するイワン・ヴィンニク議員は8日、ドンバス地方(同国南部・東部)の再統合についての法律案に、ウクライナがロシアとの外交関係を断絶することを示唆する条項を追加しなかったとロシアメディアに述べました。

ウクライナ国会議員「ロシアとの断交条項追加せず」 - ảnh 1 ロシアのペスコフ大統領報道官(写真:TASS/ TTXVN)

これより前、ロシアの有力紙「コメルサント」は、ドンバス地方の再統合についての法律案に、ロシアとの公式の外交関係を断絶することを示唆する条項を同議員が追加したと報じていました。

これについてロシアのペスコフ大統領報道官は、「ウクライナがロシアとの外交関係を断絶するかどうかはウクライナの主権の問題だ」と述べる一方、もしウクライナ政府がそのような措置に出れば、ウクライナとロシア双方の国民の利益が損なわれるとしていました。

ペスコフ氏は記者団に、「ここ数年、ウクライナでは同国南東部における紛争解決に非常に否定的な結果をもたらした政策が少なからず決定されてきた。今回そのような決定が承認されれば、恐らく状況をさらに複雑なものにするだろう」と語りました。

さらに、ウクライナ政府がそのような決定をした場合、ロシアとウクライナを国際的に仲介するのは誰になるのかとの質問に対しては、「仮定の議論は適切ではないだろう」と答えました。

ご感想

他の情報