ウクライナ政府の妥協案審議へ

ウクライナ政府の妥協案審議へ - ảnh 1

ウクライナではヤヌコービッチ政権が去年11月、EU欧州連合への加盟に向けた手続きを見 送り、隣国ロシアとの関係強化に軸足を移したことに対して、野党勢力や市民が大規模な抗議デモを続けており、これまでの衝突で、少なくとも3人が死亡し、 400人以上がけがをしています。

政権側は先週、事態の打開を目指して、野党の指導者2人を首相と副首相に就任させることや、一連の衝突のきっかけとなった、デモを規制する法律を見直すなどの妥協案を示しました。

しかし、その後もデモ隊は大統領の支持基盤となっている東部で行政府の庁舎を占拠しようとして
警官隊と衝突するなど、抗議デモは野党勢力の支持基盤である西部だけでなく、全国に拡大する動きを見せています。また、デモ隊は首都キエフでも、26日から27日にかけて、法務省の庁舎を一時占拠し抗議の姿勢を崩していません。政権側が示した妥協案は28日に開かれる議会で審議されることになっていますが、事態の打開につながるかどうかは不透明な情勢です。

ご感想

他の情報