ウクライナ、第2段階反テロ作戦開始


ウクライナ東部では24日、内務省の特殊部隊が親ロシア派の武装集団に対して建物から強制的に排除する作戦を再開し、武装集団が拠点とするスラビャンスクでは親ロシア派の数人が死亡したと伝えられています。

ウクライナ、第2段階反テロ作戦開始 - ảnh 1
ウクライナ軍が警戒を強化(写真:AP)

大統領府は25日、作戦は第2段階に入り武装集団への支援を断ち切るためスラビャンスク一帯を包囲する作戦を開始したことを明らかにしました。これに対して、親ロシア派は徹底抗戦の構えを崩しておらず、東部の中心都市ドネツクでは25日も親ロシア派の若者などが州政府の庁舎で警戒を続けています。

一方、強制排除の動きを受けて、ロシアはウクライナとの国境地帯で軍事演習を開始しましたが、これについてウクライナ暫定政権のコバル国防相は地元の通信社に対して、ロシア軍が国境から1キロ以内に迫ってきたことを明らかにしました。

 

 

ご感想

他の情報