ウクライナ議会選7月に前倒し ゼレンスキー大統領が自党に議席求め攻勢

(VOVWORLD) -21日、ウクライナのゼレンスキー大統領は、当初10月27日に予定されていた最高会議(国会)選挙を7月21日に繰り上げる大統領令に署名しました。
ウクライナ議会選7月に前倒し ゼレンスキー大統領が自党に議席求め攻勢 - ảnh 1        (写真:AFP/TTXVN)

自党「人民のしもべ」が議席を持たないことから、早期に選挙を実施し、安定した政権運営を目指す構えです。国内での支持を背景にして新大統領が攻勢をかけています。

大統領令の署名に先立ち、ゼレンスキー氏は21日、議会の各党指導部と会談し、「今の議会は国民の4%からしか支持を得ていない」と批判しました。国内で既存政治家への批判が根強い点を挙げて、顔ぶれの一新を訴えました。フロイスマン首相も22日の閣議後、内閣を総辞職する見通しです。

ゼレンスキー氏は4月の大統領選で7割の票を得て当選し、議会選に関する世論調査でも、自身の政党が30%の支持を得て他党を引き離します。当初はゼレンスキー氏が各党と協調路線を敷くともみられていましたが、自身への支持が高い点を踏まえ、早期の選挙に打って出た格好です。

ご感想

他の情報