ウズベキスタン大統領 日本企業に進出呼びかけ

ウズベキスタン大統領 日本企業に進出呼びかけ - ảnh 1
(写真:共同)


(NHK) 日本の安倍首相が訪問している中央アジア・ウズベキスタンのカリモフ大統領は、25日、安倍首相の訪問に合わせて首都タシケントで開かれたビジネスフォーラムに参加し、日本から訪問したおよそ40の企業や団体の代表を前に講演しました。

このなかで、カリモフ大統領は、「日本企業はインフラ整備などの支援でウズベキスタンの発展に大きく貢献してきた。信頼できる重要なパートナーだ」と述べました。そのうえで、「実現しなければならないプロジェクトは、まだたくさんある。これからも協力してほしい」と述べ、ウズベキスタンの発展には、日本の協力が必要だとして、日本企業に積極的な進出を呼びかけました。


このあと、日本企業による発表が行われ、火力発電関連の大手機械メーカーの会長は、「われわれは、新規の建設だけではなく、その後のメンテナンスも充実させている。電力の安定供給に向けて協力していきたい」と述べ、受注に向けた意欲を示しました。


ご感想

他の情報