エジプトで列車どうしが衝突 乗客ら42人死亡

(NHK) -エジプト第2の都市アレクサンドリアで列車どうしが衝突して乗客ら少なくとも42人が死亡し、エジプト政府は事故調査委員会を招集して原因を調べることにしています。
エジプトで列車どうしが衝突 乗客ら42人死亡 - ảnh 1   写真:AlAhramonline

エジプトの国営テレビによりますと、11日午後、北部の都市アレクサンドリアの、首都カイロとを結ぶ線路上で、列車どうしが衝突しました。エジプト保健省は当初、この事故で乗客ら少なくとも49人が死亡したと発表しましたが、後に42人に訂正しました。けが人は130人余りにのぼっているということです。

地中海に面するアレクサンドリアは、古代エジプトのプトレマイオス朝時代に首都として栄え、今も歴史的建造物が多く残る外国人にも人気の観光地ですが、カイロにある日本大使館によりますと、日本人が巻き込まれたという情報は入っていないということです。

現地からの映像では、一部の車両がつぶれたり、大きく傾いたりしていて、衝突の衝撃が大きかったことがうかがえます。

エジプトで列車どうしが衝突 乗客ら42人死亡 - ảnh 2

地元メディアは、何らかのトラブルで線路上で止まっていた列車の後部にもう1台の列車が突っ込んだと伝えていて、エジプト政府は事故調査委員会を招集して原因を調べることにしています。

エジプトでは死傷者が出る列車事故がたびたび起きていて、鉄道の安全対策が課題になっています。

ご感想

他の情報