エジプト前大統領派が座り込み、大規模衝突懸念

エジプト前大統領派が座り込み、大規模衝突懸念 - ảnh 1


エジプト内務省は1日、カイロなど全土で座り込みデモを続けるモルシ前大統領派に速やかに退去するよう警告しました。

 これに先立つ7月31日、暫定政府は、モルシ派排除のため、「法の範囲内であらゆる手段」を講じるよう、イブラヒム内相に指示したと発表していました。

 モルシ派はこれに強く反発、座り込みを続ける姿勢を崩していません。暫定政府側が強制排除に着手する可能性が高まっており、モルシ派と治安部隊の間の大規模衝突が懸念されています。

 


ご感想

他の情報