「オバマ大統領 サミット終え広島へ出発

(NHK)アメリカのオバマ大統領は、G7伊勢志摩サミットの日程を終え、アメリカの現職の大統領として初めて被爆地、広島を訪問するため出発しました。

「オバマ大統領 サミット終え広島へ出発 - ảnh 1
(写真;Csmonitor)

オバマ大統領は、伊勢志摩サミットに出席するため25日に現地入りし、日米首脳会談を行ったほか、26日と27日の2日間、G7各国の首脳とのセッションや、東南アジアなど7か国の首脳らを招待した拡大会合に出席し、サミットの日程を終えました。
そして、被爆地、広島を訪問するため、27日午後1時半すぎにサミット会場を出発し、午後1時50分ごろ、サミット会場近くのヘリポートを出発しました。
そして午後2時半すぎ、大統領専用機「エアフォース・ワン」で愛知県の中部空港を出発しました。
広島でオバマ大統領は、安倍総理大臣と共に平和公園を訪れ、広島と長崎の両市長や被爆者たちが見守るなか、原爆慰霊碑に献花し、所感を述べることにしています。
アメリカの現職の大統領が広島を訪問するのは初めてで、「核兵器のない世界」を掲げるオバマ大統領が被爆地、広島でどのようなメッセージを発するのか、内容が注目されています。

ご感想

他の情報