オバマ米大統領によるアフガン電撃訪問

アメリカのオバマ大統領は日本時間の2日未明、アフガニスタンの首都カブールを事前の予告なしに訪問し、カルザイ大統領と長期的な両国関係に関する戦略協力協定に署名しました。

オバマ大統領がアフガニスタン入りするのは、2010年12月以来で大統領に就任してから3度目です。

ホワイトハウスによりますと、オバマ大統領は2日未明、カブール北方のバグラム空軍基地からアメリカ国民に向け、演説します。

国際テロ組織アルカーイダの指導者、ビンラディン容疑者殺害から1年を迎えたのを機に、テロ封じ込め作戦の成果を強調する狙いもあるとみられ、11月の大統領選もにらみ、大規模テロの可能性が低下したことを内外にアピールしたい考えです。

ご感想

他の情報