オランダ人男性 イスラム過激派から救出

オランダ人男性 イスラム過激派から救出 - ảnh 1
シャーク・レイケさん(54)(写真:AFP)

アフリカのマリで6日、イスラム過激派組織に拘束されていたオランダ人男性が3年半ぶりに救出されました。

救出されたのはオランダ人 のシャーク・レイケさん(54)です。救出直後の映像では、長いひげをたくわえ食事をする様子が映っています。レイケさんは2011年11月、遺跡で知られるマリの都市・トンブクトゥを休暇で訪れた際に誘拐されました。その後、北アフリカを拠点とするイスラム過激派組織「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」が拘束したことを明らかにしていました。ロイター通信によりますと、マリ北部で過激派組織の掃討作戦を行っていたフランス軍が6日、レイケさんを偶然発見し、救出したということです。

マリ北部ではアラブの春以降、過激派組織の活動が活発化し、2013年から旧宗主国のフランスが軍事介入し掃討作戦を続けています。

ご感想

他の情報