オーストラリア下院、CPTPPを批准

(VOVWORLD) - 先ごろ、オーストラリアを含む11カ国が3月に署名したCPTPP=包括的かつ先進的な環太平洋経済連携協定について、オーストラリアの最大野党労働党が支持を決めたことが分かりました。
オーストラリア下院、CPTPPを批准 - ảnh 1 写真提供:THX

 これにより、17日、オーストラリア連邦下院議会でCPTPPが投票で批准されました。ただし、労働党は将来的に、労働市場テストの厳格化や投資家対国家の紛争解決(ISDS)条項の撤廃方針を示しています。

労働党内の協議では左派や労組などの反対意見が半数を上回りましたが、投票は行われず、TPP参加による国際市場へのアクセスの拡大や、雇用や環境基準の改善をより評価したとみられます。TPP賛成派でもある労働党のクレア影の貿易相は、同党が政権を奪取した場合、3年後の見直しの際にカナダ向けのISDS条項を撤廃する考えを示しました。また、現状ではカナダやメキシコ、ペルー、ブルネイ、マレーシア、ベトナムからの労働者については労働市場テストが免除されていますが、これらの国と個別に再交渉を行う方針を示し、将来的には労働市場テストの免除を撤廃したいとしています。

CPTPPは、日本やメキシコ、シンガポール、ニュージーランドで批准手続きが済んでいます。

ご感想

他の情報