オーストラリア ターンブル首相が就任

オーストラリア ターンブル首相が就任 - ảnh 1
写真提供:News.com.au

(NHK)オーストラリアで14日夜、急きょ行われた与党の党首選挙でアボット首相を破ったターンブル氏が、15日、首相に就任し、党内の混乱を収拾して内政や外交にどのような姿勢で臨むか注目されます。

オーストラリアでは、14日夜、与党・自由党の党首選挙が急きょ行われ、党首のアボット首相が、ライバルで通信相を務めていたマルコム・ターンブル氏に敗れました。

アボット首相は15日に退任し、代わってターンブル氏が首都キャンベラで宣誓を行って首相に就任しました。

ターンブル首相は、早ければ今週末にも組閣を行い新政権を発足させるとみられます。

ターンブル首相は、アボット氏が独裁的だと批判されていたのに対し、「同僚議員たちと常に相談する、本当の意味でのリベラルな政府を目指す」と抱負を述べています。

一方で、14日夜の党首選挙について、地元の各メディアは「クーデターだ」などと伝えていて、党内の混乱の収拾が課題となります。

また、アボット氏が安倍総理大臣との個人的な信頼関係をもとに日本と良好な関係を維持してきたことから、ターンブル首相が今後、内政や外交にどのような姿勢で臨むか注目されます。

 

 

ご感想

他の情報