カオライン橋を落成

(VOVWORLD) - 27日午前、南部ドンタップ省カオライン市で、交通運輸省はカオライン橋の落成式を行いました。式典にはチン・ディン・ズン副首相やベトナムを訪問中のオーストラリアのビショップ外務大臣らが参加しました。
カオライン橋を落成 - ảnh 1

席上、ズン副首相は「メコンデルタはベトナムの発展事業で重要な役割を果たしている。この地域は陸上、海上の経済発展の潜在力に恵まれ、国内最大のお米の産地で、食糧安全保障の確保に大きく貢献している」と強調しました。

また、メコンデルタの潜在力を最大限に生かし、持続的に発展させるためには、交通システムを含むインフラ整備を進め、気候変動や海面上昇への対応に尽力しなければならないとしています。ズン副首相は次のように語りました。

「この工事はドンタップ省をはじめ、メコンデルタの経済社会発展にとって重要な意義があるものです。これはメコンデルタの競争力やベトナム経済の競争力の向上に貢献するでしょう。」

この建設プロジェクトはオーストラリア政府の無償援助や、アジア開発銀行の借款、及びベトナム政府の投資により、実施されました。

これに先立つ27日午前、ズン副首相はビショップ外務大臣と会見しました。

ズン副首相は両国外務省に対し、各省庁、部門に両国の戦略的パートナー関係の深化に向け具体的な協力計画を展開することを働きかけるよう要請しました。また、2018-2019会計年度に、オーストラリアは対ベトナムODA供与を継続することを高く評価しました。

一方、ビショップ大臣はベトナムはアジア太平洋におけるオーストラリアの重要なパートナーの一つであり、両国の戦略的パートナー関係の確立の重要性を強調しました。

ご感想

他の情報