カタール国立銀行:「ベトナムはアジアの最新の虎である」

(VOVWORLD) -12日、カタール国立銀行は、ウェブサイトに掲載された「経済評論」というコラムの中で、「東南アジア諸国が世界で急速な経済的成長を遂げている現在、アジアの最新の虎はベトナムである。」と認定しました。

同銀行の分析によりますと、一連の指数はベトナム経済が急速に発展していることを見せています。

今年上半期のGDP国内総生産伸び率は7.1%に達し、2011年以来急速なスピードとなっています。製造業は13.1%という最も印象的な伸び率をとげました。製造業の急速な発展は輸出の急増に繋がっています。また、製造業と輸出の成功はベトナムの繊維紡績、履物、電子などの分野への巨額な外国直接投資によるものです。今年前半に、ベトナムへの外国直接投資額は昨年同期と比べ11%増に当たる130億ドルにのぼっています。

カタール国立銀行のアナリストらは、向こう数年間にもベトナムが「アジアの虎」という位置を維持できる経済発展原動力とも見なされる要素を出しました。

関連ユース

ご感想

他の情報