カナダ財務相、鉄鋼中心地で14日に声明発表 新関税提案か

(VOVWORLD)(ロイター) -カナダのモルノー財務相は14日、鉄鋼メーカーであるアルセロール・ミタルのドファスコプラント(ハミルトン)で声明を発表しました。鉄鋼産業を保護するために新たな関税や割当枠を提案するとの見方が強まっています。
カナダ財務相、鉄鋼中心地で14日に声明発表 新関税提案か - ảnh 1     モルノー財務相=AFP/TTXVN

財務相は発表文の中で、同相が地元の企業トップと面会することも明らかにしました。ハミルトンは、カナダの鉄鋼産業における中心地として知られています。

カナダ政府はこれまで、製鉄業者を保護するために緊急輸入制限(セーフガード)措置を検討していると表明しました。アメリカが3月に関税措置を適用してからカナダへの輸入が急増していました。

財務省はモルノー財務相の発表内容の詳細についてコメントを避けたということです。

関連ユース

ご感想

他の情報