カブールの大使館集まる地区で自爆テロ 4人死亡

(NHK)アフガニスタンの首都カブールにある大使館などが集まる地区で先月31日、男が身につけていた爆発物を爆発させる自爆テロがあり、これまでに4人が死亡しました。

カブールの大使館集まる地区で自爆テロ 4人死亡 - ảnh 1      (写真:AFP/TTXVN)

アフガニスタンの内務省によりますと、31日夕方、首都カブールの大使館などが集まる地区、通称「グリーンゾーン」の通りの1つで、若い男が身につけていた爆発物を突然、爆発させました。

この自爆テロで、これまでに爆発に巻き込まれた住民4人が死亡し、13人がけがをしたということです。現場近くにはオーストラリアの大使館がありますが、警察によりますと、被害などは確認されていないということです。

この地区では、ことし5月にも大量の爆発物を積んだ車両が爆発するテロ事件が発生し、150人以上が死亡しています。今回の自爆テロについて、過激派組織IS=イスラミックステートとつながりのあるアマーク通信は、大使館がある地区で自爆テロが行われたと伝え、ISによる犯行だと主張しています。

ISは、シリア北部のラッカが制圧されたものの、アフガニスタンでは、ISの地域組織によるテロが依然として活発で、治安の悪化に歯止めがかかっていません。

ご感想

他の情報