カントー市とバクニン省、党大会を開く

カントー市とバクニン省、党大会を開く - ảnh 1
 
24日、南部カントー市で、同市の2015年~2020年期における共産党委員会大会が開幕しました。大会にはカントー市の党員の代表350人が参加しました。大会で、共産党書記局レ・ホン・アイン( Le Hong Anh) 常務書記はカントー市が経済社会発展に達成した成果を高く評価し、次のように語りました。

(テープ)

「カントー市は工業化近代化事業の先頭にたち、メコンデルタ地域全体の経済発展の促進に貢献するように取り組まなければなりません。この目標を達成するため、カントー市は投資誘致を強化する対策を取ると同時にインフラ整備の開発に配慮する必要があります」

また、同日、北部バクニン省でも2015年~2020年期における共産党委員会大会が始まりました。大会で、党組織委員会のトゥ・フイ・ルア( To Huy Rua) 委員長はバクニン省に対し、文化、社会の発展と経済発展を両立させると共に、社会保障政策、貧困解消、伝統的文化の維持、保存に配慮するよう求め、次のように語りました。

(テープ)

「バクニン省は経済構造の転換と経済成長モデルの転換を平行して実施する必要があります。今後、ハイテク、裾野産業、電子産業、情報技術の発展に力を入れなければなりません」

トゥ・フイ・ルア委員長はこのように語りました。

ご感想

他の情報