カンヌ映画祭2018にベトナム映画出品

(VOVWORLD) - カンヌ国際映画祭はベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭と併せ、世界三大映画祭の一つです。
カンヌ映画祭2018にベトナム映画出品 - ảnh 1      (写真:Truyenhinnews)

フランスのカンヌ国際映画祭2018は5月8日から19日まで開催されますが、ベトナムの2本の映画がこれに出品します。

1本目は、リ・ニャ・キ監督の劇映画「エンジェルフェース(Angel Face、天使の顔)」です。これは、カンヌ国際映画祭の重要な賞の1つである「ある視点作品賞」にノミネートされています。

2本目はブイ・タク・チュエン監督の「グロリアスアッシュ(Glorious Ashes、光輝な灰)」です。この作品は、世界各国から投資家を呼びかける15件のプロジェクトの1つとして選択されています。

今年、組織委員会が世界の有名な映画製作者だけでなく、知名度がまだ低い若手製作者も招いていることから、今回のカンヌ映画祭は映画小国にも、自国の映画や、観光、文化などを紹介するチャンスをもたらすとされています。

ご感想

他の情報