カンボジア与党、野党の告発に反発

カンボジア与党、野党の告発に反発 - ảnh 1
フンセン首相(写真:ロイター)

19日、カンボジアの与党人民党は、「総選挙で人民党が国家選挙管理委員会と結託していた」などして選挙の不正を告発した野党救国党に反発する声明を出しました。声明は「この告発は根拠のないもので、世論をそらす行為に過ぎない」と強調しました。

7月に実施されたカンボジア総選挙について、国家選挙管理委員会は12日、与党人民党が68議席、野党救国党55議席とする「公式結果」を発表しましたが、救国党は「我々の試算では救国党が63議席で勝利していた」と反発し、選挙の不正を調査する独立機関の設置を求めています。

 

 

ご感想

他の情報