ガ国連大使、「貧困解消は世界の努力目標」と演説

今月4日から13日にかけて、ニューヨークの国連本部で、国連の経済社会理事会所属社会発展委員会は「近代的な世界における思考の刷新と社会発展強化」をテーマにした第53回会議を開催しています。

ガ国連大使、「貧困解消は世界の努力目標」と演説 - ảnh 1
ベトナムのガ国連大使

ベトナムからはグェン・フオン・ガ国連大使が会議に出席し、基調演説を行いました。その中で「飢餓一層貧困解消は開発に向けた全世界の努力の目標である。国際共同体はこの目標に協力を強化する必要がある。中でも、能力向上と技術移転の強化、発展途上国の社会発展に有利な条件を作り出す必要があると強調しました。

一方、5日午前、会議の枠内で、コペンハーゲン会議20周年を記念する式典が行われました。席上、パンギムン国連事務総長はコペンハーゲン会議の成果は国連のミレニアム目標を含む一連の開発に関する国際公約の基礎であると強調しました。

ご感想

他の情報