キム委員長 韓国芸術団を絶賛 融和ムード高める

(NHK) 朝鮮民主主義人民共和国の国営メディアは1日夜、ピョンヤンで韓国の芸術団の公演を観覧したキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が「人民が南側の芸術に歓呼する姿を見て感動を禁じえなかった」と絶賛したと伝え、今月27日の南北首脳会談を前に融和ムードを一層高めています。


キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長は1日夜、ピョンヤンで行われた韓国を代表する歌手のチョー・ヨンピルさんや、アイドルグループ「少女時代」のメンバーなどで構成される芸術団の公演を観覧しました。

2日付けの党の機関紙「労働新聞」は、キム委員長がリ・ソルジュ(李雪主)夫人や妹のキム・ヨジョン(金与正)氏らと公演を観覧したことを1面で大きく伝え、芸術団のメンバーと一緒に撮影した記念写真などを掲載しました。

この中で、キム委員長は「4月初めは政治日程が立て込んで時間を割けないと思い、きょうは遅くなっても公演を見ようと思って来た」と述べて、芸術団に感謝の言葉を述べたということです。

そして、ピョンヤン市民も観覧したことを踏まえ、「人民が南側の大衆芸術に理解を深め、歓呼する姿を見て感動を禁じえなかった」と絶賛したとしています。

韓国の取材団によりますと、キム委員長は秋にはソウルで再び公演を開催したい考えを示したということで、今月27日の南北首脳会談を前に融和ムードを一層高めています。


ご感想

他の情報