ギリシャ、融資返済を遅延すべきでない=IMF専務理事

ギリシャ、融資返済を遅延すべきでない=IMF専務理事 - ảnh 1
IMFのラガルド専務理事(写真:ロイター)


IMF=国際通貨基金のラガルド専務理事は16日、ギリシャに対し融資の返済遅延は認めない考えを示唆しました。かつて先進国に対し融資の返済期限を延長したことはなく、IMFは高い評価を守る必要があるとしました。これはギリシャに関する記者団からの質問を受けての発言です。

現在の状況で、ギリシャにIMF融資の返済遅延を勧めることはできないとし、「これまで先進国が返済期限の延期を求めたことはない」と語りました。

ただ、それがギリシャから返済遅延申請があっても認めないことを意味するのかとの質問に対しては、「IMFへの貸し出しが最も安全なルートであることを確実にするため(IMF)幹部は全力を尽くす」と述べ、明確な回答は避けました。

また、ギリシャと債権団がギリシャによる改革案の評価と合意達成に着手する必要があると述べました。

 

ご感想

他の情報